教材レビュー・感想(学年別)

【幼児ポピー 年長 あおどり感想】入学準備はこれだけでバッチリ!小学校に向けて効率よく学習できる教材

幼児ポピー年長あおどりの感想

ミンナ
こんにちは!子どもが2歳のときから幼児ポピーを始め、卒園まで4年間愛用しつづけたポピーファンのミンナです。

ーーーー

 

悩める人
いよいよ来年は小学校入学!そろそろ勉強もはじめなきゃと思っているんだけど、幼児ポピーの「あおどり」ってどうなんだろう?
幼児ポピーの「あおどり」なら毎月わずか1100円で小学校入学準備がバッチリできるわよ!

ポピーだけで国語や算数の基礎になる「もじ・かず・ことば」の力をつけ、小学校生活に必要なルールや技能を身につけられるの。

この記事では「あおどり」を1年やった感想・効果をお話しするわ。

ミンナ

 

幼児ポピーの年長向け「あおどり」は、小学校生活に必要な「もじ・かず・ことば」の基礎をしっかり身につけられる教材です。

 

1月号からは「入学準備特別号」になり「もじ・かず・ことば」の総まとめをします。

また、小学校生活を意識した題材をとおして小学校がたのしみになるワークも用意されてるので勉強面だけでなく生活や心の面でも準備ができます。

年長「あおどり」の特徴

  • 毎月1100円!他社の半額以下で続けやすい
  • 小学校生活や算数、国語に必要な「もじ・かず・ことば」の基礎がしっかり学べる
  • 小学校生活がイメージできるワークがあり、勉強だけでなく心や生活面の入学準備もできる

この記事を読むと幼児ポピー「あおどり」が合うかどうか判断できるので、最後まで読んで参考にしてください。

 

また、公式ページではあおどりの教材を体験できる「おためし見本」を無料で配っているので、気になる方は申し込んでみてください↓

幼児ポピーの公式ページを見る(無料おためし見本プレゼント)

幼児ポピー「あおどり」の教材内容・特徴

幼児ポピー年長あおどりのメイン教材「ドリるん」「わぁくん」

幼児ポピー年長あおどりのメイン教材「ドリるん」「わぁくん」

幼児ポピーの年長教材「あおどり」では毎月以下のものが届きます。

  • ドリるん(シール付)・・・ひらがな、数字、時計の学習ドリル
  • わぁくん(シール付)・・・季節、行事、知恵、小学校生活などのワークブック
  • 特別教材(カードゲーム、ポスター、デジタルゲームなど)
  • ほほえみお母さん&お父さん(保護者向け)

 

教材はイラストが多く親しみやすいテイストで、答えをシールで貼る問題も多く、たのしみながら学んでいくことができます。

 

また、1月号〜3月号のドリるんとわぁくんは入学準備特別号になり、「もじ・かず・ことば」の総まとめ、小学校入学に向けた生活面や心構えのワークなど、スムーズに小学校生活がスタートできるような教材になっています。

1月号からの「入学準備特別号」

1月号からは「入学準備特別号」になり「もじ・かず・ことば」の総まとめ、小学校生活の準備になります

ひらがな・カタカナの書きをしっかり練習できる(ドリるん)

幼児ポピー年長「あおどり」の書き練習

年長「あおどり」では空欄に文字を書く練習もたくさんあります

年長「あおどり」ではひらがな、カタカナの書き練習がたくさんあります。

年中まではなぞり書きが中心でしたが、年長では空欄に自分で書く練習も増えます。

カタカナの書き練習

年長の後半ではカタカナの書き練習も出てきます

 

文字の書き練習だけでなく、「つ」「っ」、「お」「を」の使い分け単位のことば(1個、1本、1匹、1杯)形容詞や動詞、助詞など国語の基礎となることばのワークもたくさんあり、語彙力、国語力をアップさせていきます。

年長「あおどり」のことばのワーク

子どもには難しい「右」「左」のことばのワーク/「ショートケーキの右」はどこを指すのか学習します

 

助詞の問題

助詞(が、の、を、に、へ、と、は)の使い分けの問題も出てきます。

なんとなくはわかっていても問題を解いてみると細かいところが理解できていなかったりしました。

ことばのワークは年中の教材と比べると、だいぶ難易度が上がった感があります。

 

いくつといくつ、なんばんめ、時計など算数の基礎を徹底学習(ドリるん)

いくつといくつ

いくつといくつ

算数面では「いくつといくつ」「なんばんめ」「時計」等を学んでいきます。

どれも年中教材(あかどり)でも出てきてましたが、年長になると問題が複雑になり難易度があがります。

年長「あおどり」時計の問題

年長「あおどり」時計の問題

 

特に「右からなんばんめ」と「右からなんこ」のちがいは難しかったようですが、何ヶ月にもわたって同様の問題を繰り返していくうちにスムーズに解けるようになりました。

年長あおどり「なんばんめ」の問題

年長あおどり「右からなんばんめ」「右からなんこ」の問題

入学準備特別号は小学校を意識したデザインに(1月号〜3月号)

1月号の入学特別準備号

入学特別準備号になると教材のデザインが小学校っぽくなる

1月号からは「入学特別準備号」となり総まとめをしますが、教材の雰囲気が少し大人っぽくなり小学校を意識したデザインに変わりました。

 

イラストいっぱいで絵本のような教材から小学生っぽい教材になり、いよいよ幼児から小学生になるんだなとしみじみします。

入学準備特別号

入学準備特別号の「もじ」を書く練習

 

題材も小学校を意識したものが増えます。

小学校生活を意識した問題

「ふでばこ」「じょうぎ」など小学校を題材にした問題が増える

「わぁくん」で小学校生活を誌面上で体験できる!

1月号の「わぁくん」

1月号の「わぁくん」

季節や行事、知恵遊びの「わぁくん」も1月号からは入学準備特別号となり、小学校を意識したものになります。

 

1月号では学校の設備や学校生活の流れを学び、小学校生活をイメージする教材でした。

小学校がたのしみになる仕掛けがいっぱい!

 

わぁくんを通して「小学校ってこんなところなんだよ!」を知ることができ、小学校がとてもたのしみになったようです。

幼児ポピーの公式ページを見る(無料おためし見本プレゼント)

幼児ポピー「あおどり」の効果・感想

悩める人
1年やってみて効果はどうだった?ぶっちゃけ毎月1100円の価値ある??
核心をついた質問ね!
ミンナ

あおどりを1年続けて得られた効果、感想はこちらです。

子どもが一人で問題を読んで解けるようになった

年長になってからはほぼ一人でポピーを解いてます。

ところどころ問題の意味が分からずに聞いてくることはありますが、だいたい一人でこなせています。

 

問題を読んで意味を理解することも勉強のうちだと思うので、少しずつ一人でやらせるようにすると力がつくんじゃないかなぁと思います。

 

2歳のときから幼児ポピーをやっていますが、初めのころはつきっきりでないと何もできなかったのに、いつの間にか一人でサクサクできるようになって成長を感じます。

入学準備はポピーだけで済むので他の教材を買う必要がない

「もじ・かず・ことば」をバランスよく学べるので入学準備はポピーだけで済ませ、市販ドリルなどは一切買っていません。

幼児ポピーは毎月1100円なので、それで入学準備が済ませられるのはとてもリーズナブルだと思います。

毎月自動で教材が送られてくるので、本屋に行ってドリルを選ぶ時間も節約でき助かっています。

 

忙しくて本屋に行くヒマが惜しい人、バランスよく力をつけたい人は、通信教育だと効率よく必要なことが学べるのでおすすめです。

子どものいまの学力が客観的にわかる

学力というほどでもないですが、毎月教材をやっていると「子どもがいまどのぐらいできているのか?」「どこができていないのか?」が客観的にわかります。

 

遅れをとっている部分があればフォローできるし、得意なところは褒めて伸ばしてあげることができるので、勉強で遅れをとらずに済むのがいいと思います。

 

いまの時点でできないことが多くても、何ができてないのかが分かっていれば対策はたくさんできますよね。

 

通信教育は年齢にあった教材が送られてくるので「現状を把握できる」という面でも活用価値が高いと感じます。

幼児ポピーの公式ページを見る(無料おためし見本プレゼント)

幼児ポピー「あおどり」の気になるあれこれ

Q&A

あおどりの口コミでよく出てくる「気になる点」に答えます。

年中で「あおどり」を先取りしようか迷っているがついていける?

個人的な感触としては

  • ひらがなの問題文が読め、意味を理解できる
  • ひらがな50音がなんとなく書ける
  • ひらがなを書く練習がしたい(書くのが好き)

そんな子なら先取りしても内容的にはついていけると思います。

 

ひらがなは書き練習が多いので、書くのが苦手な子やきらいな子だと嫌がるかもしれません。

 

文を読んであてはまるものを探す問題も増えるので、読んで理解する力が問われます。

親が代わりに読んであげてもいいのかもしれませんが、読む力をきたえるなら子どもに読ませた方がいいでしょう。

 

1月からは入学準備号となるので小学校生活を意識した題材が多くなり、年中さんだとまだイメージがわきづらいかもしれません。

 

その点を考慮して判断されるといいと思います。

 

なお、年中であおどりを先取りした場合、年長になったら「ぐんぐんポピー」という教材がありそちらを受講すればブランクなくポピーを継続することは可能です。

 

「あかどり(年中)」と「あおどり(年長)」で判断に迷う方は、両方の教材見本を取りよせて比較してみるといいですよ。

年中と年長ではやはりレベルがちがうので、両方を比べればどちらが合うかすぐに判断できると思います。

ミンナ
無料のおためし見本ではリアルに幼児ポピーを体験できるわよ!

まだの人は申し込んで取り組んでみてね。

\ まずは無料おためし見本から /

幼児ポピーの公式ページを見る

※電話勧誘、しつこい勧誘はありません

他社とくらべて料金が安いけど、大丈夫?

こどもちゃれんじやZ会、まなびwithなど他社教材は毎月2,000円以上しますが、幼児ポピーの年長は毎月1100円です。

 

安さの理由は、以下の3点によってコストをおさえているからだと思います。

  1. 広告宣伝やDM(ダイレクトメール)にお金をかけていない
  2. おもちゃの付録やDVDがない
  3. 添削問題がない

 

カリキュラム的には他社と同等ですし、小学校入学準備なら幼児ポピーだけで十分カバーできます。

付録や添削が不要でシンプルな教材がいい人は、幼児ポピーはコスパが良くおすすめです。

 

詳しくは下の記事に書いているので「安さの理由」を知りたい方は読んでください。

参考
幼児ポピーが安い理由
幼児ポピーはなぜ安い?他社同等の教材で半額以下の理由はこれ!

続きを見る

 

ミンナ
安いけど、教材やカリキュラムは他社と比べて劣っていることはなく、他社と同等のことを学べるので安心してね!

幼児ポピーの公式ページを見る(無料おためし見本プレゼント)

幼児ポピー「あおどり」感想まとめ

幼児ポピー年長あおどり感想まとめ

あおどりを1年間やってみた感想をまとめます。

あおどり感想まとめ

  • ポピーだけで入学準備ができ他のドリルを買う必要がなく、効率がいい
  • 毎月「もじ・ことば・かず」を繰り返ししっかり学習できてよかった
  • 安い料金で続けやすくてよかった

幼児ポピーは手ごろで取り組みやすいので「そろそろ小学校入学に向けて本格的に勉強させなきゃ!」なんて思っている方は、まずは軽い気持ちで始めてみてもいいと思います。

 

無料で教材をためせる「おためし見本」もあるので、公式ページもぜひチェックしてみてくださいね。

ミンナ
無料のおためし見本ではリアルに幼児ポピーを体験できるわよ!

まだの人は申し込んで取り組んでみてね。

\ まずは無料おためし見本から /

幼児ポピーの公式ページを見る

※電話勧誘、しつこい勧誘はありません

-教材レビュー・感想(学年別)

Copyright© ミンナの幼児ポピーレビュー , 2020 All Rights Reserved.

\まずは無料でためしてみよう/
幼児ポピー 無料見本はこちら
\まずは無料でためしてみよう/
幼児ポピー 無料見本はこちら